HomeTown Note 利用規約

第1条 本規約について
1. 本規約は、日本各地および世界各地にお住いの方々が足元の地域の風土に向き合う中で育まれてきた「人類の知恵」や深い歴史の発信者となり、未来へ紡ぐ橋渡し役となるため、本サービスを楽しく安全にご利用頂けるよう条件を定めるものです。
第2条 主な用語の説明

1. 本規約で使う主な用語の説明は以下の通りです。

  • 「本サービス」とは、株式会社ささらプロダクション(以下、当社とする)が運営するウェブサイト「Home Town Note(ホームタウンノート)」(以下、HTNと略す)およびこれに付随関連する全てのサービスを言います。
  • 「ユーザー」とは、会員登録の有無に関わらず、本サービスを訪問して閲覧し、検索、投稿などの機能を利用する全ての方々を言います。
  • 「利用者」とは、本サービスが定める方法に従い本サービスを使用するために個人情報を登録した有料及び無料会員を言います。
  • 「種の民」会員とは、本サービスが定める方法に従い本サービスを利用するために個人情報を入力した無料登録会員を言います。
  • 「風土の民」会員とは、本サービスが定める方法に従い本サービスを使用するために個人情報を入力した有料会員を言います。
  • 「天空の民」会員とは、本サービスが定める方法に従い本サービスを使用するために個人情報および団体情報を入力した有料会員を言います。天空の民は、HTNを運営する株式会社ささらプロダクションが独自の取材や撮影などを通じて出会い、本サービスの利用を勧めた団体(企業、教育機関、店舗など)のみが登録できるものとします。
  • 「アップグレード会員」とは、「風土の民」会員と「天空の民」会員とを合わせた総称です。
  • コンテンツとは、文章・画像・映像・プログラム・データなどの情報を言いますが、それらに限りません。

2. 本規約の記載事項にユーザー皆様の同意いただくことにより、当社は法的拘束力を有することになります。

第3条 本規約の変更

1. 当社は、当社が必要と判断した場合、ユーザーへの事前の通知および承諾を得ることなく、本サービスの内容を変更できるものとします。また、本サービス上に変更後の内容を掲載することで、本利用規約等の変更・追加・削除等を行うことができるものとし、それらの通知が掲載されると同時に適用可能になるものとします。

2. さらにユーザーが当社が通知を掲載した時点以降、本サービスを継続利用した場合は、これらの変更・追加・削除等を変更なく受け入れたとみなし、規約の変更前に実施されたユーザーの本サービス利用についても、変更後の定めの適用は妨げられないものとします。

第4条 「利用者」登録

1. 本サービスは、ユーザーおよび利用者が本利用規約およびこれに関連する規約や通知などを変更なく受け入れることを条件とし、当社より提供されるサービスです。利用者は、各会員に準じたサービスの利用を希望するに際し、本サイトが定める登録方法を確認し、利用規約を承諾の上、利用者登録を行うものとします。

2. なお、利用者登録を行ったものは、本利用規約およびこれに関連する規約や通知などの全てを受け入れ、同意したものとみなします。未成年者が利用者登録する際は、親権者の同意を取得の上で、登録するものとします。

2. 当社は、当社が本サービスの提供を不適切または不可能と判断した場合、利用者からの申し込みを承認しないことができるものとします。但し、当社は本サービス利用の申し込みに対して承認の義務を負うものではありません。

第5条 「アップグレード会員」の登録審査

1. 当社は、会員登録された内容をもとに審査を行い、当社が本サービスを利用者に対して承認した時点で、アップグレード会員に対し本サービスに関する利用資格を付与するものとします。その時点をもってアップグレード会員と当社との間に本サービス利用契約が成立するものとします。

2. 当社は、当社が本サービスの提供を不適切または不可能と判断した場合、アップグレード会員入会希望者からの申し込みを承認しないことができるものとします。但し、当社は本サービス利用の申し込みに対して承認の義務を負うものではありません。

第6条 「利用者」の義務

1. 本サービス利用者は、会員登録の際に、お名前、電話番号、メールアドレス、パスワードなどの個人情報を入力する必要があります。 登録内容に関しては、正確な情報を提供し、内容の変更が生じた場合は速やかに利用者自らが更新するものとします。

2. 本サービスの利用者は、自己責任において、登録メールアドレス及びパスワードを管理し、貸与、譲渡、名義変更、売買などをしてはならず、方法の如何を問わず第三者に使用させてはならないものとします。 また、登録メールアドレス及びパスワードを利用して行われた行為の責任は、当該登録メールアドレスを保有している利用者自身の責任とみなします。

3. 当社は、ログイン情報およびパスワードが他の第三者に使用されたことによって当該利用者が被る損害については、利用者の故意過失の有無にかかわらず、一切責任を負いません。また、当該ログイン情報および対応するパスワードによりなされた本サービスの利用は、当該利用者によりなされたものとみなし、本サービス利用が第三者によって行われた場合においても、当該利用者は発生した債務の一切を負担するものとします。

第7条 登録情報の開示について

1. 以下のいずれかにあてはまる場合には、当社は利用者の登録内容を確認し、第三者に開示することができます。

  • 利用者の同意が得られた場合
  • 利用者が特定できない状態で提供する場合
  • 裁判所、警察、その他の司法もしくは行政機関、またはこれらに準ずる者から適法に照会があった場合。
  • 当社のシステム維持に問題が生じる場合。
  • 利用者が法令または当社が定める規約に違反し、社会通念上問題があると判断された場合。
  • 当社、利用者、またはその他の第三者の権利や利益を保護するため必要と判断された場合。
第8条 利用者の登録抹消、コンテンツの削除について

1. 当社は、利用者が以下の項目に該当する場合あるいは禁止事項を犯した場合、事前に通告することなく、利用者の登録情報や投稿内容などのコンテンツを削除することができるものとします。

  • 利用者が本規約の義務の履行をおこたる恐れのある場合
  • 利用者が本規約の禁止事項に該当する行為を行った場合
  • 利用者の記述に虚偽の記載がある場合、あるいはそう判断できる正当な理由がある場合
  • 他の利用者、第三者、社会に迷惑が及ぶ恐れのある場合
  • 本サービスを公序良俗に反する行為や犯罪行為に結びつく行為に使用する恐れのある場合
  • その他、当社が利用者の登録内容、投稿内容およびコンテンツを不適当と判断した場合

2. また、コンテンツが所定の期間もしくは量を越えた場合、または本サービスの保守管理上の必要がある場合は、当社は利用者に通知することなく、これらを削除・消去することがあります。なお、削除結果に関する質問・苦情は一切受け付けておりません。

第9条 禁止事項

1. また、以下に該当する行為又は該当すると当社が判断した行為を禁止します。

  • 当社及び利用者の著作権、肖像権、その他知的財産権、財産、プライバシー等を侵害する行為。
  • 他の利用者および第三者への誹謗中傷、揶揄、挑発、攻撃またはこれに準ずる行為、および当該内容が記載された外部サイトへのリンク等を掲載する行為。
  • 根拠のない批判を伴う内容の書き込みやメッセージ送信を繰り返す行為。
  • 特定ユーザーや第三者に対する批判を目的とした利用者登録および投稿。
  • 誤った情報を意図的に投稿する行為。
  • 本サービスの改変、妨害、侵入行為や本サービスの運営関係者になりすます行為
  • 他サイトなどの情報の転載及びその軽微な修正などにより情報量を水増しする行為。
  • 一般的に公開することが予定・想定されていることが明らかとはいえない内容を、相手方の同意なく開示する行為。
  • サーバーに負担をかける行為、および他の利用者のアクセスまたは操作を妨害する行為。
  • 当社に対して虚偽又は誤解を生じさせる申告や届出を行う行為。
  • ひとりのユーザーが複数の会員登録を行うこと。
  • 当社の許可を受けることなく、投稿された情報を収集・分析する行為。
  • 当社および本サービスの運営またはシステムを妨害する行為。
  • 選挙運動・宗教活動、またはそれらに繋がる行為。
  • 犯罪行為や公序良俗に反する行為。
  • 法律・法令違反またはそれらに繋がる行為。
  • 本サービスの全部または一部を営利目的で、準備、利用する行為。但し、当社が認めた場合は除きます。
  • お問合わせなどの回答として当社から送信するE-mailおよび本サービス内のメッセージについて、その一部または全部を当社の許可なく公開する行為。
  • 本サービスおよびに当社の運営を妨げる行為、当社の信頼を毀損するような行為、または、その恐れのある行為。
  • 国家安全保障に反する行為、またはそれらに繋がる行為。
  • わいせつ、アダルトに関する情報の掲載行為。
  • 社会通念上、暴力的と解釈され、又はその恐れのある情報の掲載行為。
  • 上記のほか、当社が本サービスを提供する上で不適当と判断した行為
第10条 利用者開示情報の取り扱い

1. 当社は、自らの裁量に基づき、利用者への事前の通知および承諾なしに、利用者の開示情報の全部又は一部を非公開に設定し、又は削除することができるものとします。

2. 利用者は、本サービスにおけるあらゆる開示情報について、知的財産権(意匠権、著作権、商標権等をいいますがこれに限りません。)を自らが保有していること、自らが権利者より正当に使用を許諾されていること、又は適法に当該知的財産物を使用していることを保証するものとします。 万一、第三者より利用者が開示した情報に対して異議が申し立てられた場合、当社は一切の責任を負いません。

3. 利用者が投稿したコンテンツは、日本の国内外を問わず、非独占的に、自由に使用(複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案、修正、編集、改変、配信を含みます。)することができる権利(再実施許諾権を含みます。)を、当社に対して無償で許諾するものとします。利用者は、当社に対して、コンテンツに関する著作者人格権を行使しないものとします。

4. 当社は、自らの裁量に基づき、本サービス内に限らず、あらゆる用途と場所において利用者の開示情報を自由に複製、翻訳する等して使用し、編集および改変し、第三者に提供し、内容を調査し、本サービスおよび本サービス以外の広告宣伝活動に利用し、第三者にこれらを行うことを許諾することができるものとします。

5. 当社が許諾する第三者は、利用者に対して何ら告知することなく、前項に記載する行為を行うことができ、また当該行為について利用者に対し、いかなる対価、報酬の支払いも必要としないものとします。

6. 利用者はこれらを予め異議無く承諾し、当社が許諾する第三者に対して当該行為に関する一切の責任を免除し、著作者人格権を行使しないものとします。

第11条 データの保証

1. 本サービスのシステム上のデータおよびサービスを利用する際にやり取りされるデータは、不慮のシステムのトラブル等により失われることがあります。当社は、データのバックアップ及び失われたデータの修復の義務は負わないものとします。利用者には、データ等の消失に備えて定期的にその複製をお勧めいたします。

第12条 本サービスの提供の一時停止

1. 当社は、以下の場合、事前の予告無しに本サービスの提供を停止する場合があります。

  • 本サービス用設備等の保守を定期的に又は緊急に行う場合
  • 当社設備にやむを得ない障害が発生した場合
  • 天災、火災、停電その他の不良の事故、戦争、動乱などその他の非常事態により、本サービスの提供ができなくなった場合
  • その他、運用上又は技術上本サービスの一時的な中断が必要と当社が判断した場合
第13条 著作権の保護

1. 利用者は、当社が承諾した場合を除き、本サービスを利用して入手した当社または他の著作権者が著作権を有するいかなるデータ、情報、文章、ソフトウェア、画像、音声等(以下、併せて「データ等」といいます。)も、著作権法で認められた私的使用の範囲内でのみ利用するものとし、私的使用の範囲を越える複製、販売、出版、放送、公衆送信のために利用しないものとします。

2. 利用者は、データ等のコンピュータプログラムに対し、逆コンパイルまたは逆アセンブルを行わないものとします。また、著作権侵害防止のための技術的保護手段の施されたデータ等に対し、当該手段の回避を行わないものとします。

第14条 クッキーの使用

1. 当社が収集する情報の種類には、IPアドレス、ドメイン名、リファラーなどの情報、閲覧されたページの情報等が含まれます。この情報により、ユーザーが最も興味を持ったページやサービス、好んで閲覧されたページ等を知ることができますが、これにより個人を特定できるものではなく、ユーザーのプライバシーを侵害することはありません。

2. なお、当社ではマーケティング会社のサービスを通じて本サービスの情報を記録していますが、当該データの取扱方法等ついては当社が管理しています。

3. このウェブサイト分析ツールによる調査にご協力をいただけない場合は、ブラウザの設定により、当該ウェブサイト分析ツールおよびその他のマーケティング会社等のクッキー(Cookie)を排除することもできますが、その場合には本サービスの一部が正常に利用できなくなります。

第15条 知的財産権

1. 利用者は本サービスに提供するコンテンツについて、および本サービスが提供するコンテンツについて、著作権、商標権、サービスマークに関する権利、特許権、またはその他の知的財産権として法律によって保護されていることを承諾したものとします。また、画像や文書の掲載は利用者自身の責任となります。具体的には、著作権、肖像権など法令上の義務に従っているか、についてコンテンツを掲載した利用者自身の責任となります。

2. 利用者の投稿した文書、写真等の著作物は利用者個人の著作物ですが、全体としてのコンテンツの集積は、本サービスが設置したシステムと運営の中で行われたものであり、編集著作物として当社が権利を有します。

3. 利用者は、自身が登録したコンテンツのうちサービス内もしくはインターネット上の不特定多数に公開したコンテンツについて、当社に対して、当社又は当社の指定する者が当該コンテンツを日本国内外問わず無償かつ非独占的にいかなる制約も受けずに自由に使用する(複製、公開、送信、頒布、譲渡、貸与、翻訳、翻案を含みます。)権利(サブライセンス権も含む)を、当該コンテンツに係る著作権その他一切の権利の存続期間が満了するまでの間、許諾したものとみなされるものとし、これをあらかじめ承諾します。利用者は当社および当社の指定する者に対して、当該コンテンツに係る著作者人格権を保有していたとしても、当該権利を行使しないものとします。

第16条 退会後のコンテンツを含む開示情報の扱いについて

1. 利用者は当社に対し、利用者が本サービスの利用を停止し、会員登録に関する個人情報を削除し、退会後も、利用者が本サービスを通じて開示したコンテンツの使用する権利(サブライセンス権を含む)を著作権その他の一切の権利の存続期間が満了するまでの間、許諾したものとし、本サービスの利用を目的として会員登録をした際に承諾したものとします。

第17条 規約の範囲および変更

1. 当社はいつでも本規約の変更を行うことができます。本規約の変更・追加はインターネットを通じて利用者に通知されます。規約の変更後に継続して利用する場合、利用者はこれを承諾したものとみなします。

第18条 免責事項

1. 当社は、本サービスの利用により発生した利用者の損害については、一切の賠償責任を負いません。

2. 当社は、利用者間のコミュニケーションに一切関与しません。また、利用者間もしくは利用者と第三者との間で生じた紛争等に関して、当事者間で解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

3. 利用者が本サービスを利用することにより、他の利用者や第三者に対し損害を与えた場合、利用者は自己の費用と責任においてこれを賠償するものとします。

4. 利用者が、法律または利用規約に従わない場合には、当社に対して有する権利、主張、法的措置、訴訟、訴訟手続きの全てから当社を免除し、放免するものとします。

5. 当社は本サービスをいつでも任意の理由で中断、中止、廃止できるものとし、本サービスが利用できなくなったことによって引き起こされた利用者の損害について一切の賠償責任を負いません。

6. 当社は本サービスに発生した不具合、エラー、障害等により本サービスが利用できないことによって引き起こされた損害について、一切の賠償責任を負いません。

7. 当社は本サービスを通じて掲載・配信される投稿内容についての信頼性、正確性、完全性、有効性、特定目的への適合性、有用性(有益性)、継続性、権原および第三者の権利の非侵害性について、一切保証しないものとします。

8. 本サービスは他のコンテンツへのリンクが含まれる場合がありますが、当社はこれらのリンク先コンテンツの有用性、あるいは派生したあらゆる損失、損害に対する一切の責任を負いません。

9. 当社は、利用者の登録内容または利用者が本サービスの利用において登録・発生する情報およびデータの一切について、その保管、保存、バックアップ等を含む一切の責任を負いません。登録ユーザー自身の責により登録ユーザー自身でバックアップを行うものとします。

10. 利用者との間の本利用規約に基づく契約が消費者契約法の消費者契約に該当する場合には、本利用規約のうち、当社の責任を完全に免責する規定は適用されないものとします。

11. 本利用規約に基づく契約が消費者契約に該当し、かつ、当社が債務不履行または不法行為に基づき損害賠償責任を負う場合については、当社に故意または重過失がある場合を除いて、当社は、当該利用者が直接かつ現実に被った損害を上限として損害賠償責任を負うものとし、特別な事情から生じた損害等(損害発生につき予見し、または予見し得た場合を含みます。)については責任を負わないものとします。

12. 当社は、本サービスおよび第三者のウェブサイトからのダウンロードやコンピュータウイルス感染等により発生した、コンピュータ、回線、ソフトウェア等の損害について、賠償する義務を一切負わないものとします。

13. 当社は、当社の責めに帰すべき事由によらず、ユーザーの個人認証情報が流出し、第三者に使用されたことによって当該ユーザーが被る損害については、一切責任を負いません。

第18条 損害賠償

1. 利用者が本規約及びその他諸法令等に違反する行為または不正もしくは違法な行為によって当社に損害を与えた場合には、当社は当該利用者もしくは登録ユーザーに対して損害の賠償を請求することができるものとします。

第19条 管轄裁判所

1. 本規約は、日本法に基づき解釈されるものとし、本規約に関する一切の紛争については、横浜地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所といたします。

2020年1月1日 制定
2020年8月1日 改定

HomeTownNote 執筆者、購読者、支援(寄付)者 特約

第1条 本特約について

1. 本特約は、HomeTownNoteに登録した全ての会員が、各会員の特典機能を有意義に楽しく安全に使って頂くよう条件を定めるものです。

第2条 主な用語の説明

1. 本特約で使う主な用語の説明は以下の通りです。

  • 「執筆者」とは、HomeTownNote(以下、HTNと略す)の機能を使い、自らが記録したコンテンツを投稿する会員を言います。
  • 「購読者」とは、HTNの機能を使い、執筆者が定めた価格で投稿記事を購入した会員を言います。
  • 「支援(寄付)者」とは、HTNの機能を使い、執筆者が投稿した記事に対し、自ら定めた価格で寄付をし執筆者を支援する会員を言います。
  • 「アップグレード会員」とは、「風土の民」会員、「天空の民」会員を合わせた総称です。
  • 「代金」とは、会員が投稿によって得た販売額と支援(寄付)金を併せた金額を言います。
  • 「歩合」とは、アップグレード会員が特典機能を利用するにあたり当社が頂く運用手数料です。
  • 「本サービス」、「ユーザー」、「利用者」、「種の民」会員、「風土の民」会員、「天空の民」会員、「コンテンツ」については、利用規約の第2条をご覧ください。

第3条 「天空の民」会員への入会について

1. 天空の民は、原則としてHTNを運営する当社が独自の取材や撮影などを通じて出会い、本サービスの利用を勧め、承諾した個人及び団体(企業、教育機関、店舗など)が登録できるものとします。当社は「天空の民」会員に対し年会費を免除するものとします。

第4条 会員特典の範囲について

1. 会員特典機能のひとつである、投稿記事の販売、支援(寄付)金の募集および購読、支援の仕方について各会員の利用範囲を下記の通り定めます。詳細はアップグレードプランをご覧ください。

 
  • 「種の民」会員は、投稿記事の購読、支援をすることはできますが、投稿記事の販売および支援を募ることはできません。無料公開記事を投稿・閲覧することはできます。
  •  
  • 「風土の民」会員は、投稿記事の購読、支援をすることができます。さらに投稿記事の販売および支援を募ることもできます。無料公開記事を投稿・閲覧することもできます。
  •  
  • 「天空の民」会員は、投稿記事の購読、支援をすることはできますが、投稿記事を販売することはできません。支援を募る記事を投稿することと無料公開記事を投稿・閲覧することができます。
第5条 投稿記事の販売価格および支援金額について

1. 「風土の民」会員は、当社が定める1投稿当たりの販売価格の範囲において価格を決め販売できるものとします。

2. 支援(寄付)をする会員は、当社が定める1投稿当たりの支援(寄付)金額の範囲で支援(寄付)することができるものとします。

第6条 代金、歩合(運用手数料)について

1. 当社は、アップグレード会員から支払いの申請があった場合、代金から会員特典機能の利用による歩合、およびアップグレード会員指定の金融機関口座への振込手数料を差し引いた残額を支払額として振込みます。アップグレード会員から当社が頂く歩合は、以下の通りです。

  • 「風土の民」会員から頂く当社の歩合は、投稿記事の場合、1投稿当たりの販売額の3割です。支援(寄付)を募る投稿記事の場合は、1投稿当たりの支援(寄付)額の1割を歩合として当社が頂きます。
  •    
  • 「天空の民」会員から頂く当社の歩合は、1投稿当たりの支援(寄付)金額の2割です。なお、「天空の民」会員は、すでに本特約第3条に明記してある通り記事を販売することはできません。
第7条 金融機関口座への振込について

1. アップグレード会員が支払額の受け取りを希望する場合は、当月末日までに当社規定の申請手続きを行い、翌月の5日(土日祝日の場合は各金融機関の翌営業日)に先月末までの支払額を受け取ることができるものとします。金融機関口座への振込手数料は一回の振込につき、一律で260円とします。なお、受け取りの申請は、支払総額が1,000円以上になった場合にのみ、行うことができるものとします。

2. アップグレード会員は、退会時に261円(税込)以上の支払い額ある場合に限り、退会手続き時に全額振込申請することができるものとします。その場合、当社は金融機関口座への振込手数料260円(税込)を差し引くことができるものとします。支払い残高が260円未満の場合は支払額申請手続きはできません。

3.アップグレード会員から「種の民」会員に移行した場合、アップグレード会員時の売上残高は保持され、「種の民」会員から振込申請を行うことができます。再び、会費を納め、アップグレード会員に戻った場合も、当初の残高と新たにアップグレード会員になった時との売上額とを合算して、振込申請することもができます。ただし、会員の変更ではなく、退会した場合は適用されません。

第8条 返金について

1. 当社は、当社と会員あるいは会員同士で本サービスを利用した支払い、支援(寄付)行為に対し、その決済が完了した後に、いかなる理由があっても返金には応じないものとします。

第9条 利用規約、本特約違反の場合について

1. 会員が利用規約もしくは、本特約に違反した場合、当社は会員の本サービスの利用を即座に停止し、販売および支援(寄付)金の支払いを拒否できるものとします。既に支払い済みになっている場合は返金請求できるものとします。また金融機関口座への振込手数料も請求できるものとします。

2. 会員が利用規約もしくは、本特約の違反により契約の解除となり会員機能および会員特典機能の利用権限を失った時点で、その会員が未払いの支払額を申請し、受け取る権利は喪失したものとします。

3. 会員が利用規約もしくは、本特約に違反している疑いがあると当社が合理的に判断した場合は、当社はその会員に対し本サービスの利用や支払いについても一時的に停止することができるものとします。当社は、当該措置により会員に生じた損害について、一切責任を負うものではありません。

第10条 投稿記事の扱いについて

1. 執筆者は退会に際し、当社が規定する退会手続きを取ることで、既にHTN上に公開した全ての投稿を削除することができるものとする。但し、既に購読、支援をした投稿記事がある場合にのみ、その投稿記事が購読者、支援者の購読履歴内にのみ残され、購読者、支援者が読み続けられる権利を与えることを執筆者は予め了承するものとします。

2. 執筆者が、利用規約もしくは、本特約に違反し、またはその他の理由により当社が会員との契約を解除した場合、全ての投稿記事の扱いは当社に一任するものとします。

3. アップグレード会員から「種の民」会員への移行や退会などによる投稿記事の扱いは以下の通りです。

   
  • アップグレード会員から「種の民」会員に移行したとき
    • 執筆者は、投稿記事の販売や支援を募ることをできなくなります。
    • 執筆者は、アップグレード会員時に公開した記事を編集することはできません。
    • 購読者は、執筆者の会員の移動に影響を受けず、既に購入し、支援した記事を読み続けることができます。
  •  
  • アップグレード会員から「種の民」会員に移行し、再びアップグレード会員になったとき(退会せず会員を継続した場合)
    • 執筆者は、過去に公開した投稿記事も含め、再び投稿記事の販売や支援を募ることができるようになる。
    • 執筆者は、アップグレード会員時に公開した投稿記事の編集もできるようになる。
    • 購読者は、執筆者の会員の移動に影響を受けず既に購入し、支援した記事を読み続けることができる。
  •  
  • アップグレード会員が退会し、公開した投稿記事をHTNに残すことに同意した場合  
    • 執筆者が公開した投稿記事は「販売(支援)終了」となります。
    • 執筆者は「退会ユーザー」と表示されます。
    • 購読者、支援者は、執筆者の退会に影響を受けず、購入、支援した投稿記事を読み続けることができる。
  •  
  • アップグレード会員が退会し、公開した投稿記事をHTNに残すことを同意しない場合
    • 執筆者が公開した投稿記事は「販売(支援)終了」となります。
    • 執筆者は「退会ユーザー」と表示されます。
    • 購読者、支援者は、執筆者の退会に影響を受けず、購入、支援した投稿記事を読み続けることができる。
    • 購読者や支援者のいない投稿記事は、HTNから全て削除される。
2020年8月1日 制定