投稿 東京都港区

『諏訪式。』外伝 ― ご縁はめぐる 【1】

0pt

人・古老の話

令和(2019〜)

諏訪 今朝 すき焼き 戦争疎開 藤原咲平 新田次郎 ものがたりをめぐる物語

新橋 すき焼き「今朝」4代目店主  藤森紫朗さん (Part1)

 

初稿の内容に誤りがあったために、修正を施しました。お詫びを申し上げます。

 

 新作映画『ものがたりをめぐる物語』(大昔調査会・諏訪市博物館 主催)には、東京から藤森紫朗さんも駆けつけて下さいました。藤森紫朗さんは、新橋で明治13年創業の老舗すき焼き屋「今朝」四代目店主です。コロナ禍の中、会場でのご挨拶が叶わなかったために、監督の由井英と連れ立って、「すき焼き 今朝」を訪れました。

 今回、「今朝」に伺い、伝統のすき焼きを味わった後に、紫朗さんから伺ったお話は多岐にわたりました。大きく分けて「諏訪と今朝」と「今朝140年の歴史」に分けて短い紹介をします。

 

「諏訪と今朝」

 「藤森」という姓が諏訪由来であることは、諏訪に通う中で知ることになった。藤森紫朗さんの曾祖父にあたる藤森 今朝次郎は、明治初期に諏訪から上京したのだそうだ。

 江戸時代、諏訪高島藩では「農間稼ぎ」を奨励しており、諏訪からは多くの若者が出稼ぎに出かけた。大森の海苔問屋をはじめ、伝手(つて)ができた馴染みの働き先に代々人を送り出す習慣もあったが、明治初期に銀座にできた牛鍋屋「今廣」もまた、諏訪人の出稼ぎ先の一つだったようだ。

 この「今廣」、幕末に諏訪から上京した宮坂広吉が明治5年頃に開いた店で、広吉は日本料理の大店「今金」で修業をし、独立したのだという。広吉は自分の店の従業員を求め、故郷の諏訪で若者を募った。

藤森今朝次郎は、その募集に応じて「今廣」で修業し、明治13年に新橋(現汐留)に「今朝」を構えたという。新橋~横浜間に鉄道が敷かれたのが明治5年。そのわずか八年後のことだ。初代・今朝次郎には子がなく、故郷の諏訪から勝三郎を養子に迎え、二代目「今朝」を継ぐ。新橋駅前に洋食屋を構え、昭和13年に桃山風の純和風建築に改築し、「今朝」は最盛期を迎える。

 『諏訪式。』でも登場する「お天気博士」藤原咲平は、二代目・勝三郎の甥にあたるのだそうで、咲平自身もよく「今朝」を訪れ、幼かった紫朗さんは面影を覚えているという。咲平には、作家の新田次郎、ハリウッド化粧品の創業者・牛山清人といった甥がおり、親戚づきあいがあったといい、二人とも「今朝」によく出入りしてという。

 「今朝」のロビー先には、安倍能成揮毫の「今朝」木版横額が掲げられている。安倍能成は諏訪出身の岩波茂雄の畏友としても知られるが、そうした学者や文人たちが集う場でもあったのかもしれない。

 新橋で生まれ育った四代目の紫朗さんと諏訪とは、血縁によって繋がれてはいたが、実際に諏訪と深く交わるのは、第二次世界大戦の激化に伴う疎開だった。昭和9年生まれの紫朗さんは、小学校3年生から6年生の三年間を、諏訪の母の実家に預けられ、母方の祖母と過ごした。とにかく食べる物がなく、常にひどい空腹に襲われていた記憶が強いといい、諏訪湖畔に生える茅のような草を細かく挽いてメリケン粉に混ぜて焼いて食べたことを覚えているという。それでも、川や諏訪湖で友達と魚を捕まえたり、冬は下駄スケートで遊んだ記憶が「諏訪」との忘れられぬ記憶になっているそうだ。(part2に続く…)

「今朝」WEB:https://sukiyaki.imaasa.com/

取材:2022.9.15

写真

「今朝」のすき焼き
一枚一枚、研ぎ澄まされた包丁で切り分けられた牛肉。板前さんの腕前が光る。
藤森紫朗さんと
「すき焼き」を堪能し、紫朗さんのお話に聞き入る。
藤森紫朗さん
藤原咲平や新田次郎など親戚のお話も。
最盛期の店構え
桃山式の純和風の建物には、大勢の店員さんが。
二代目 藤森勝三郎
諏訪から養子に入り、二代目を継いだ勝三郎。紫朗さんの祖父だ。
牛肉をはじめ…
当時は牛肉より、志やも(しゃも)、あひるが好まれたそうだ。
写真の前で
安倍能成揮毫の横額
藤原咲平と親交のあった安倍能成も「今朝」に通っていたことが伺える。
2022/09/20 (最終更新:2022/09/22)

港区の素敵な投稿を地域遺産にしよう!

「地域遺産」総取得pt

小倉 美惠子さんの投稿