• ものがたりをめぐる物語

映画 長野県諏訪市

ものがたりをめぐる物語 前編「地下の国へ」

4pt

物語・伝説

縄文 土器 藤森栄一 ビーナスライン 八ヶ岳 蓼科山 富士山 風土 東日本大震災 陸前高田市

 

昔に戻りたいわけではない

さりとて このまま進みたくはない
気持ちの晴れぬまま
ものがたりをめぐる旅に出かけることにする

 

ものがたりをめぐる物語 前編 地下の国へ より

 

 

 

 

地球上のあらゆる生き物の中で、

なぜ人間だけが足元の自然や風土を壊し、離れ、生き続けようとするのか。

他の生き物たちは知っている。

その先に、人間が生きていける世界は存在しないと。

 

映画は、臨床心理学者の河合隼雄や神話学者のジョゼフ・キャンベルの「物語論」に触発され、製作を開始した。作品の舞台は信州の諏訪。諏訪大社の縁起物語とされる「甲賀三郎」伝説を深く読み解いていく。

 

主人公の甲賀三郎は、突然、姿を消した姫を探しに蓼科山(八ヶ岳)の人穴から「地下の国」をめぐることになる。三郎は様々な国々を訪ね歩いた末に、不思議な女と出会い、結ばれる。やがて子も生まれ、三郎は地下の国で幸せな日々を過ごすようになる。ある日三郎は、地上の国のことを思い出し、妻や子にその気持ちを打ち明け、地上へ戻る旅に出かける。様々な困難を克服して三郎は再び地上に戻るが、池の水面に映る自分の姿を見て、愕然とする。蛇に姿を変えていたからだ。


この物語は、今を生きる私たちに何を語りかけようとしているのか。諏訪という地域とどのような関わりのある物語なのだろうか。穴、地下、蛇という言葉が奇妙に心に響き、記憶に残る。

 

映画は、今から10年以上前に製作が開始され、その直後に東日本大震災が起きた。本来、諏訪で完結するはずだった映画は、突然、諏訪を離れ、陸前高田市に至り、まるで地下をめぐる三郎のように彷徨っていくことになった。

 

2022年2月、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が未だ収束しない中、映画は「再び地上に戻り」完成する。映画はこれまでの日本の歩みを振り返りながら、これからの私たちの生き方を問いかけていく。

 

あなたは、この映画の「地下に潜む」メッセージをどのように受け留めてくれるのだろうか。ものがたりをめぐる旅は後編に続く…

 

映画作家 由井 英

 

 

 

タイトルものがたりをめぐる物語 前編 地下の国へ  
(2022年2月完成作品 61分)
出演河野和子 塩川悠太 荻原節子 オギュスタン ベルク 山中康裕
撮影協力北沢一行 熊澤祥吉 昔ばなし語りの会 あかり 佐久市佐久城山小学校 東京ステーションホテル 正福寺|川崎市宮前区 本御射山神社 八劔神社 諏訪市博物館 井戸尻考古館 茅野市尖石縄文考古館 上桑原牧野組合 ヒュッテ御射山 八十二文化財団 おかん塚古墳|長野県飯田市
写真提供紺野利男 渡辺雅史 小倉美惠子 友澤悠季 小林信雄 平尾隆信 阿部史恵 中野貴徳 タクミ印刷有限会社 市川一雄 八劔神社 諏訪市博物館 八ヶ岳美術館
画像提供

山梨県立博物館 「富嶽三十六景」「名所江戸百景」 凱風快晴|葛飾北斎 神奈川沖浪裏|葛飾北斎 大江戸市中七夕祭|安藤広重 東都駿河町|安藤広重 五百らかん寺さざゐどう|安藤広重


国立国会図書館 「日本風景論」志賀重昂 著

映像資料提供神奈川県川崎市 神奈川県ニュース「川崎 躍進」より
物語出典甲賀三郎 限定復刻版 佐久口碑伝説集 南佐久篇|佐久教育会
語り:岡部いちの 採録より改編
支援柴原みどり 宮越博子 速渡普土 飯島聡子 もりした かずこ 小倉弘之 小倉麻由子 島 正孝 中村真知子
助成支援公益財団法人トヨタ財団
撮影秋葉清功 伊藤碩男 筒井勝彦
録音高木 創
語り清水理沙
描画近藤圭恵
音楽

大森晶子(ピアノ) 

「即興曲集 #3変ト長調 D899, Op.90 」シューベルト 作曲

レコーディング エンジニア高津輝幸
レコーディング スタジオTAGO STUDIO 
音響効果高津輝幸 高木 創
MAスタジオAQUARIUM Studio GONG
原稿・編集確認

=諏訪地方=
市川一雄 河西節郎 高見俊樹 宮坂 清

=陸前高田市=
及川裕敏 河野和子 河野光枝 紺野 悟 佐藤一男 松野明男 タクミ印刷有限会社

 

近衛はな 佐々木寿美映 友澤悠季 中村桂子 藤森照信 山中康裕

制作総指揮小泉修吉 小倉美惠子
監督・編集由井 英
制作・著作ささらプロダクション

 

▶︎ 映画に言葉を寄せて頂いた方々(掲載順)

内山節|哲学者

田中優子|法政大学名誉教授

佐藤一男|防災士・元漁師(陸前高田市)

伊東豊雄|建築家

平野恵理子|イラストレーター・エッセイスト

会田弘継|元共同通信論説委員長

宇野重規|政治学者・東京大学社会科学研究所教授

 

 

皆さんの感想を下記のコメント欄よりお寄せください。

次回以降の作品に活かして参ります。

お時間を頂くことになりますが、できるだけご返信致します。

 

2022/03/05 (最終更新:2022/04/19)

諏訪市の素敵な投稿を地域遺産にしよう!

「地域遺産」総取得pt

寄せられた言葉

哀しさの舞台

内山節 (哲学者)

山は川や大地と結び、海につながっている。この結びつきのなかで人は暮らし、そこには風土がつくられていた。この風土は人々に生と死の諒解を与え、その諒解は神仏を人間たちに与えたるとともに、たえず風土の物語を生みだしつづけた。 この映画はそんな記憶の世界を描き出す。とともに自然との結びつきを否定し、つながり合う自然の世界を分断させた近・現代文明の哀しさを映し出す。それは、記憶の世界に戻ることも、さりとて現代文明に可能性を見いだすこともできなくなっている私たちを包む哀しさである。

「ものがたりをめぐる物語」をめぐって

田中優子 (法政大学名誉教授)

国土と風土。本作品はこの二つを、明確に分けた。すごいことだ。そうしなければ見えないものがある。分けることで「風土」が見えてきた。風土は単なる風景ではない。私たちはふだん地上の風景しか見ないが、個々の身体が風土とつながることで、風土は自らの中で風の彼方にも土の下にも広がり深まる。しかし、いったん風土から切り離されてしまった私たちの生命と身体を、どうやって結び直そうか? 多分その方法が物語であり映像だ。甲賀三郎の物語はオデュッセウスの物語と重なる。国土は国や自治体という分け方に従って帰属を求めるが、風土は生命を遍歴にいざなう。この物語と映像に乗り、風土に向かって自らを開いていきたい。心からそう思える作品である。

この映画は水を巡る物語だと思った

佐藤一男 (防災士・元漁師|陸前高田市)

信州に伝わる物語を軸に各地に場面を移す。 水に祈り、水に恵みを求め、水の脅威にさらされ、水とともに生きる各地の記録。 時に人の都合で作り変えられる風景。 この映画の中には、自然に対して人間の都合を押し付けない人たちが出てくる。 ゆったりと流れるこの映画には、古くもあり新しくもある日本人の残すべき美しさが映し出されている。 そこには、訪れたことがない人にも懐かしいと感じる風景が映しだされていて、つながったことがないはずの町と町が映画の中でつながっていた。 また、人と町の変化の記録としても貴重な物になっている。 風景を中心に町起こしを考えている人は、必ず見て欲しい。

太古とつながる地底の物語が いま我々に語りかけること

伊東豊雄 (建築家)

少年時代を信州で過ごした私は、 毎日諏訪湖を眺めて暮らしていました。地底には太古につながる秘めやかな物語が存在していたとは露知らずに。物語は自らに問いかけるように静かな語り口で進行しますが、 そのストーリーはじわじわと私の身体に浸透してきます。私はいま近代主義に覆われた環境と、 精神の深部に宿る失われた風土への憧憬との狭間を彷徨っているからです。正しく私は戻ることもできない、さりとて先に進むこともできないのです。

犬にだって分かるんだ

平野 恵理子 (イラストレーター・エッセイスト)

空、雲、木、草、土、山、海、川、湖。そこにある、祠、社、橋、道、階段。動力を介さずに人の手でつくられ、長く大切にされてきたものは、その風土にとけ合う。それをじっくりと見せてもらいました。「文明」の名の下に突き進んできた陰で、隠してあったあれこれを溜めた袋。その袋がとうとう破れた。破けた穴から流れ出したあれやこれやをどうしよう。答えは簡単には出せないけれど、この「物語」を何度も観て、その答えに近づきたい。土地の人々の手によって新たに架けられた橋の渡り初めに、犬も参加して機嫌よさそうに走って渡っていました。きっと犬にも、この橋のよさが分かったのですね。

近代と「風土」の狭間で 引き裂かれ

会田 弘継 (元共同通信論説委員長)

近代はヤヌスだ。二つの顔を持つ。豊かで衛生的な生活、自由や民主主義をもたらしたのは、合理的な科学や個人主義、都市化である。だが、あの陸前高田の愛宕山 の、すっかり緑を奪われ赤土をさ らけ出した惨状をもたらし、私た ちのかけがえのない「風土」を 奪っていったのも、その近代だ。 だれもがそれを哀しみながら、だれもが近代の豊かさ、自由を捨てることができない。一時の「自然 への回帰」は、近代人の自己欺瞞だろう。 この優れた映像作品の基調をつくる、地上と地下の国をともに愛 し、引き裂かれる諏訪の甲賀三郎は、近代と「風土」の間で引き裂 かれる私たちだ。そう、地下と地 上を生きる蛇なのだ。

橋と蛇という希望

宇野 重規 (政治学者・東京大学社会科学研究所教授)

神話的な一篇である。同時に痛烈な近代化批判でもある。自分たちの拠って立つ風土を破壊してきた現代人は、これからどう生きていけばいいのか。風土こそが神であり、その声を聞き、物語を紡いできた日本人は、もう魂を揺さぶる感動を覚えることはできないのか。「昔に戻りたいわけではない、さりとてこのまま進みたくない」というナレーションに、深い共感を覚えた。日本列島の構造線に位置する諏訪湖には、氷を割いて盛り上がる御神渡りが見られる。地上と地下、この世とあの世、人間の世界と神の世界を隔てる「間」、そしてそれをつなぐ橋と蛇こそが、本篇の示す希望である。私たちは再び物語を紡ぐことができるだろうか。

コメント(23件)

由井 英さんの投稿